ケバブグランプリ2016は新宿大久保公園で11月9日より開催!イケメン店員やベリーダンスコンテストも

新宿大久保公園にて11月9日(水)から13日(日)の5日間、

『ケバブグランプリ2016』が開催されます。

写真はケバブグランプリ2015の様子。

2015年は17店舗が出店、約3万人が来場したとのこと。

かなりの盛況ぶりがうかがえます。

回数を重ねるごとに開催日数と来場者数が増えているので、

今年は昨年以上の賑わいが予想されます。

そこで今回は、当イベントの見どころや楽しみ方、気をつけたい点などをご紹介していきます。

 

ケバブグランプリのイベント詳細

◆ケバブグランプリ2016

◆開催日時:2016年11月9日(水)~13日(日) 11:00~21:00(9日のみ17:00~)

◆開催場所:大久保公園

西武線「西武新宿駅」北口徒歩1分、JR「新宿駅」徒歩10分

◆主催:フェスティバルコミュニケーション実行委員会

◆事務局:日建リース工業㈱

◆tel:03-3295-9111

 

ケバブグランプリはチケット購入制

ケバブグランプリでは、ケバブやサイドディッシュはチケットを使って購入するのが基本となります。

飲み物などの一部をのぞいて、現金で購入することができないので注意です。

 

チケットは一枚100円で、それをあらかじめ買っておいて、それを使ってお店でケバブを注文します。

そのため、入場したらまずはチケット販売所でチケットを購入することになります。

チケット販売所は、昨年と同じなら入って右手と、会場の真ん中あたりの2か所

来場者が多い場合、入ってすぐ右手の販売所は混むことが多いので、真ん中あたりの販売所に行くのがおすすめです。

 

ケバブグランプリの投票方法

ケバブグランプリでは、各表彰部門を設け、来場者参加型でケバブのよさを競い合います。

部門は「ケバブ部門」「サイドディシュ部門」「イケメン部門」の3部門で、グランプリを決めるのは来場者による投票です。

 

当日会場で配布されるチラシに投票券がついているので、それを持って投票所で投票します。

各部門の上位入賞者は、最終日のグランプリ表彰式で表彰されます。

 

トルコの国民的ビール、エフェスも登場!

トルコビールを代表するといっても過言ではないエフェスビール。

現地を観光したら、青いロゴを見ない日はないくらいではないでしょうか。

ケバブフェスタでももちろん登場します。

スポンサードリンク

 

軽い喉ごしでさっぱりした味わいで、どことなく日本のビールに近いものがあり、

飲んだ後にフワッと香る淡い苦味はケバブとの相性抜群!

当イベントで飲む予定があるなら、是非チェックしてみてください。

 

ケバブグランプリにはイケメン店員が多い!

当イベントはイケメン店員さんが多いのも見どころの一つです。

中東系の彫りの深いイケメン好きならテンション上がること間違いなし!

今年も「イケメン店員部門」が用意されているので、これに向けて各店自慢のイケメン店員を配置することが予想されます。これは見逃せません。

 

会場内ではベリーダンスコンテストも開催!

12日(土)13:00~会場内の特設ステージではベリーダンスコンテストが開催されます。

ジャンルはターキッシュ、エジプシャン、オリエンタル・フォークロアなどジャンル問わず、

審査も専門家のほか一般来場者による当日投票やYoutubeの動画再生数によって審査されます。

 

11月の気温に注意!温かい格好を

会場でありる大久保公園は広場のようになっているので、風通しがかなり良いです。

夏なら涼しくて良いのですが、11月にもなると肌寒いことうけあいなので、

上着持参で寒さ対策をして向かうことをおすすめします。

 

ケバブグランプリではティッシュ持参を忘れずに

ケバブを食べると、どうしてもソースで口や手が汚れてしまうんですよね。。。

お店によってはティッシュを置いてくれていますが、そうでないお店もあるので、

ポケットティッシュもしくはウェットティッシュを持参すると便利ですよ。

 

色々なケバブが食べ比べられるのが楽しい!

当イベントの一番の見どころは、なんといっても色々な種類のケバブを一度に食べられることだと思います。

グルメ激戦区といわれる新宿でもケバブ料理のお店は結構レア、

これだけ多くのケバブ屋さんが一同に会するイベントはケバブグランプリくらいではないでしょうか。

 

ひとくちにケバブといっても、お店によって肉や野菜の味付け、ピタパンやソースの種類は全然違うので、

各店舗のケバブの違いを楽しみ、好みのケバブを見つける絶好の機会ともいえますね。

 

また、ケバブ料理を作る様子が目の前で見れるのも結構楽しいです。

巻き付けた肉を焼いて削ぐ様子を間近で見られる機会もそうそうないから要チェックです。

ぜひ会場に足を運んで、お腹いっぱいケバブを楽しみましょう!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ