【ちょいグロ注意】くすっと笑える?!新宿ヒルトン東京内レストランのハロウィンがすごい!

ハロウィンのグルメというと、かぼちゃを使ったオレンジ色のファンシーな料理が多いですが、2016年のヒルトン東京は一味違います。

ここまでやるか!?と叫びたくなるような料理の数々を集めてみたのでぜひチェックしてください。

 

マーブルラウンジのデザートフェアは不気味すぎてインパクト大

1階にある『マーブルラウンジ』では、10月31日(月)まで「アリスとハートの女王様からの挑戦状デザートフェア」が開催中。

ルイス・キャロルの名作「不思議の国のアリス」の物語より構想を得た、ラブリー&ダークな世界観を料理で表現したとのこと。

トランプ達をモチーフにした可愛らしいデザートがある一方で、

リアルでグロいデザートも

セーフかアウトかでいうと、ぎりぎりアウトではなかろうか・・・。食べるのに大変勇気が要りそうです。

 

これらスイーツ以外にも、ベリークリームをバラの香りのスポンジで包んだロールケーキや

真紅のチョコレートファウンテンなど乙女心をくすぐるデザートもたくさん!

グロ耐性があるなら友達と一緒に出かけるとすごく楽しめそうです。

 

メトロポリタングルメでは本格派の大人なハロウィンディナー

2階にある『メトロポリタングリル』では、10月17日(月)から31日(月)まで「メトロポリタンブラック」と題してハロウィンコースディナーが登場します。

コース料理はすべて黒を基調とした盛り付けになっていて、

前菜の “タコの黒カルパッチョ”、上にのった真っ黒なタコの飾りつけが印象的です。

スポンサードリンク

メインはテンダーロインのグリル。黒トリュフを使った贅沢な一品です。

 

大人にふさわしいシックなハロウィンパーティをするのにすごくおすすめ。

さらに、オールブラックのファッションで来店すると、シェフ特製のスペシャルプレゼントももらえます。

 

クスリと笑える♪ユーモアたっぷりFILOUハロウィンスイーツ

同じく2階の『パティセリーFILOU』では10月17日(月)から31日(月)までハロウィンスイーツが登場します。

パンプキン色のモンスター達の中身は、ヘーゼルナッツ入りのチョコレートブラウニーとミルクチョコレートのムース。

ミイラ男の包帯はホワイトゼリーで中はストロベリーショートケーキとのこと。

目玉はマシュマロで作られており、見た目に反してさっぱり美味しく食べられそうな予感。

 

ちょっと不気味だけどなんだか頬が緩んでしまうようなウィットに富んだケーキたちは、

手土産やハロウィンのホームパーティに持っていけば注目を集めそうですね。

 

バー&ラウンジZATTAではエッジの効いたハロウィーンカクテル

バー&ラウンジ『ZATTA』では、10月限定でハロウィンにちなんだ2種類のカクテルが登場します。

チョコレートでできた蜘蛛の巣がかかる “ブラッディーマティーニ”はシンプルなラムベースのマティーニ。

カクテルの中に浮かぶ真っ赤なゼリーはラズベリーピューレで作られたもので、

ピックで刺すと血が滴るようにグラスを赤く染まります。

 

血色ににじむ包帯が巻かれたグラスの”切り裂きジャック”は、ジャックダニエルをベースに、

トマトジュース、イカ墨、ブラックペッパーでアレンジされたカクテルです。

ショッキングな見た目とは裏腹にまろやかな味わいで、

ナイフに突き刺さるスモーク・ベーコンが程よいアクセントになる一杯です。

ハロウィンの夜はこのカクテルで締めて余韻に浸るのもよさそうですね。

 

まとめ

ヒルトン東京のレストラン・バーで楽しめるハロウィングルメを紹介していきました。

いずれも見た目の面白さと味の良さが相まって予約殺到、すごい人気なんだとか。

普通のハロウィンでは物足りない人は、ヒルトン東京に足を運んではいかがでしょうか。

 

ヒルトン東京

◆住所:東京都新宿区西新宿6-6-2

西新宿駅、都庁前駅地下通路直結

◆営業時間:

マーブルラウンジ:デザートフェア14:30~17:30、デザート&ディナーブッフェ18:00~21:00

メトロポリタンブラック:17:30~22:30(L.O.22:00)

パティセリーFILOU:月曜日~金曜日:11:00~22:00、土、日、祝日:10:00~22:00

バー&ラウンジZATTA:11:00~25:00、木~土曜日&祝前日11:00~27:00

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ