新宿・歌舞伎町の定食屋さん「つるかめ食堂」の生姜焼きとハムエッグ

歌舞伎町の大通りを歩くと、キャッチセールス撲滅アナウンスが頻繁に流れる今日この頃、

大通りから裏通りに入ると、アナウンスもなくなり、閑散とした雰囲気になります。

そんな中にあるのが「つるかめ食堂」。

img_9862

歌舞伎町に似合わぬ、感じのよい定食屋さん。

ここだけ流れる時間が違う感じがする・・・

 

新宿西口の思い出横丁にもお店がありますが、

思い出横丁のが居酒屋に対して、この歌舞伎町のお店は定食屋さんです。

 

メニュー表には鶴と亀のイラストが。

img_9864

img_9863

定食も一品もメニューは豊富です。

中には定食じゃなくて、一品メニューを組み合わせて定食風にしていた人も。

 

今回注文したのは日替定食。

つるかめ食堂の有名メニューは豚肉生姜焼定食なので、

それを注文しようとしたのですが、本日の日替定食がハムエッグと生姜焼きだと教えてもらったので、急遽チェンジ。

豚肉生姜焼定食が800円、日替定食が750円、

しかも日替の方がハムエッグも食べられるというお得感。なら変えるしかないですね。

 

img_9865

スポンサードリンク

日替定食。価格は750円(税込)。

注文してから、5分と経たずに到着です。

img_9866

生姜焼き、ハムエッグともにかなりのボリューム。

img_9871

ご飯も負けていません。

 

生姜焼きうまい!噂に違わぬ美味しさでした。ご飯の量が多いけどペロリといける。

生姜焼きも秀逸ですが、ハムエッグの焼き加減にも心惹かれました。

香ばしいけれどカリカリになっていない、絶妙の火の通りだと思いました。

個人的には生姜焼きよりハムエッグの方が好み。

ハムエッグの目玉焼きの黄身は半熟。半熟大好きなので、これは嬉しい。

 

定食屋さんにしては珍しく、コップの水が少なくなったらを入れてくれるお店です。

あと、お店のおじさんは愛嬌ある方なので、癒されました。

 

客層は、歌舞伎町らしく、キャバ嬢らしき人(スッピン)や黒服っぽい人などお水関係の方もちらほら。

定食屋でそういう人を見るのって、見慣れていないこともあり、なんか不思議な感じでした。

口コミでは腕にタトゥーのある人も多いそうで。夜にくると迫力ありそう。

1人で入りやすいお店だったけれど、女性1人の場合は訪れる時間帯を選んだ方がよさそうです。ランチ時なら○

 

つるかめ食堂 お店詳細

◆つるかめ食堂 歌舞伎町店

◆住所:東京都新宿区歌舞伎町1-15-8 白木ビル 1F

◆営業時間:11:30~23:30(L.O.23:00)

◆定休日:第1.3水曜日・お盆・年末年始

西武新宿駅から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線新宿駅から徒歩4分

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ