南新宿の果樹園リーベルのフルーツ盛り沢山パンケーキ

西新宿のストロベリーフィールズ以来、フルーツパーラーのお店に行っていないことを思い出し、南新宿にある『果樹園リーベル』へ。

img_1438

訪れたのは午後7時。

ディナー代わりにパンケーキ(もしくはパフェ)を食べる気満々で訪れました。

 

ちなみにこのお店、朝の7時半から営業しているのでモーニングとして利用することもできます。

入り口は地上にありますが、お店があるのは地下1階。

お店の外からだとみえまんが、テーブル席の他にカウンター席もあるので1人でも入りやすいです。座席数も100席以上あるので広かったです。

 

果樹園リーベルの豊富なメニューたち

img_1439

img_1440

img_1441

img_1442

img_1443

img_1444

フルーツパーラーなだけあって、果物を使ったデザートがメインになっていますが、

パスタやピザ、オーブン料理など、食事系メニューも充実しています。

全部のメニューに果物が入っているわけではないですが、

フルーツピッツァやローストビーフの付けわせが果物だったりと、随所にフルーツ店らしさが垣間見えていました。

ローストビーフとフルーツの組み合わせ・・・ネットでの評判をみるかぎり、フルーツの種類次第だそうで。香りの強いフルーツだとローストビーフの味を食ってしまうらしい。

生ハムメロンやフィレステーキのオレンジソースが大丈夫な人ならいけるのかも。お肉と果物が一緒にとれるのでヘルシーメニューとしても需要ありそうです。

 

果樹園リーベルは季節メニューも豊富。だが豊富すぎて・・・

今回はフルーツを堪能するために訪れたので、パフェもしくはケーキ、パンケーキを選びたいと思ったものの、

種類が多すぎて・・・選ぶだけで心が折れそう。

スポンサードリンク

選択肢が少ないのも不満ですが、選択肢が多すぎるのもストレスがかかるという贅沢な悩みです。

で、

メインがフルーツなので、旬のものが一番美味しいだろうと目星をつけたまでは良かったのですが、

img_1446

img_1445

「季節のパフェ」

「季節の今月のパフェ」

「今月のパフェ」

「季節のクレープ巻」

「シェフお勧めパンケーキ(旬のフルーツを思い切り)」

季節モノで絞ってもメニューが多いし、違いが分からない(特にパフェ)。

店員さんを呼び出して色々聞いたところ、

旬のフルーツだけれど、使うフルーツが微妙に違うのだとか。

柿と梨を使ったパフェと、メロンを使ったパフェといったように。(秋の季節フルーツとしてメロンが出てきたのには驚いた)

 

結局、店員さんが唯一、内容が分からないと言った「シェフお勧めパンケーキ(旬のフルーツを思い切り)」を注文してみることにしました。

さて、何が出てくるのやら。

 

旬のフルーツを使った シェフお勧めパンケーキ

img_1448

シェフお勧めパンケーキ。1,500円(税抜)

注文してから10分くらいで到着しました。

img_1450

この時、使われていたフルーツは、スターフルーツ、イチゴ、柿、梨、葡萄、マスカット。

秋の季節感出てますね。フルーツのカットは結構大きめ、ゴロゴロしています。

フルーツは適度に熟しているけれど、甘すぎず爽やかでジューシー。

葡萄とマスカットも皮ごと食べられます。

スターフルーツは・・・フルーツパーラーといえど、この果物は仕方ない部分ありますよね。完全に飾り付け用です。

パンケーキは薄くて固め。しっかり焼き色がついているおかげか、

果物の水分を吸い取ることなく、ふやける様子もありませんでした。

写真だとパンケーキは横に一枚しかないように見えますが、

フルーツの山をどけると、中に生クリームと一緒にもう一枚パンケーキが隠れています。

生クリームは甘くなく、フルーツの甘さとパンケーキの甘さ両方に丁度よい塩梅。

柿に生クリームをつけて食べたら、これが意外とよく合うんです。

パンケーキ自体の味は、市販のパンケーキミックスで作ったパンケーキっぽさがあって、パンケーキ単体なら不満が残りそうですが、フルーツとの相性は抜群ですね。主役はパンケーキじゃなくてフルーツでした。

パンケーキのためにフルーツがあるんじゃなくて、フルーツのためにパンケーキが作られたような。

このお店ではフルーツを食べないで帰るのは邪道・・・そんな気持ちになった夕食でした。

 

「果樹園リーベル」お店詳細

◆果実園 リーベル 新宿店

◆住所:東京都渋谷区代々木2-7-7 南新宿277ビル B1F

◆営業時間:7:30~23:00(L.O.22:30)

JR新宿駅南口から徒歩2分

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ