新宿京王モール内にNEW OPEN「こめらく ニッポンのお茶漬け日和。」の郷土料理なめろう茶漬け

地下鉄新宿駅の改札を出たところで、こんなポスターを発見。

img_1504

『こめらく』というお茶漬けのお店がニューオープンしたとのこと。

「お茶漬け=ヘルシーそう」というのが頭をよぎり、丁度お腹が空く時間帯だったこともあり、吸い寄せられるかのようにお店に向かったのでした。

 

郷土料理がモチーフのお茶漬け・定食屋さん

img_1517_1

こじんまりとしたお店外観。
なんだかほっとするような、小さな定食屋さんといった雰囲気があります。

『こめらく』系列のお店は、新宿だとこの店舗の他にルミネエストの7階にもありますが、
客層の違いからか、そちらはカフェといった感じです。
(お店の名前も微妙に違います)

店内は全てカウンター席。おひとり様にはありがたいけれど、グループ利用には向いていませんね。
2~3人なら横並びでもいけますが、4人以上だと厳しそうです。

で、こめらくのメニューは、

img_1506

img_1507

お茶漬けセットがメイン。
ご飯と汁物が別になっている “郷土汁セット”もあります。
いずれのセットも、お漬物とお惣菜2品がついてきます。

お茶漬けのラインナップは宇和島鯛やひゅうが飯、なめろう、紀州五代梅など。
“郷土料理”にちなんだメニューで揃えられています。

基本は1メニュー1郷土料理ですが、トッピングメニューもあるので、複数乗せも可能だったりします。
(味のバランスとるのが大変そうですが)

スポンサードリンク

 

あじのなめろう茶漬けを注文

いつもはメニュー選びに迷いやすい私ですが、今回は迷いなく「あじのなめろう茶漬け」を注文。

なめろう、これ本当におすすめです。

「なめろう」を簡単に説明すると、捌いた魚の上に味噌やネギ、大葉、生姜、茗荷などを乗せ、包丁で細かく叩いて混ぜた房総半島の郷土料理です。

なめろうに使われる魚はアジが多いですが、サンマもおすすめ。
今年の秋は、刺身にできるほど新鮮なサンマが手に入ったら、ひたすらなめろうを作っていました。
サンマのなめろうをご飯の上に乗っけたなめろう丼、格別です。卵の黄身を加えるとさらに美味しい・・・!

閑話休題。
img_1510

こちらが「あじのなめろう茶漬け」980円(税込)

ポットの中には出汁が入っています。

img_1512

出汁をご飯となめろうの上にかけてお茶漬けに。
見た目は地味ですが、薬味と味噌がアジの旨味とよく合います。

使っている味噌は白味噌だからか、パンチが足りない気もしましたが、さくさく食べ進めるならこの方が良いのかも。

なめろう茶漬けも良かったですが、意外にもお惣菜が一番でした(笑)
真ん中にあるゴボウと鶏肉の煮物が丁度よい塩梅。小鉢とあなどっていました。

img_1513

お会計後にもらったクーポン券。
ドリンク一杯無料と、まぐろのひゅうが飯がワンコイン、全品20%オフチケットの3つ。
期間限定かもしれないですが、かなり太っ腹ですね。

 

『こめらく』お店詳細

◆こめらく ニッポンのお茶漬け日和。

◆住所:東京都新宿区西新宿1丁目南口地下街1号京王モール内

◆営業時間:平日7:00~23:00(L.O.22:00) 土日祝日10:00~23:00(L.O.22:00)

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ