新宿紀伊國屋書店地下のサラサラカレー「モンスナック」は女性にはかなりキツイ

色々なお店を食べ歩いていると、周りの評価は高いけど自分としては「いまいち・・・」と思うお店がちらほら出てきます。

そのお店の魅力に気づいていないだけなのか、はたまた自分と相性が悪いのか・・・

新宿エリアにおいて、そんなお店の(私的な)代表格が『モンスナック』。

食べログの評価は3.58(2017年2月時点)なのですが、私の中での評価は2.5くらいなんですよね。

今回ランチパスポートに掲載があったので2度目の訪問、行ってきました。

1度目の時には気づかなかった魅力が分かるかもしれない。

 

ランパスには「女性ひとりでも気軽に入りやすい」と書かれているけれど・・・

先ほども述べたとおり、今回はランチパスポートを利用します。

IMG_3061

↑モンスナックのお店入り口。お店入って左手すぐのところに有名人のサインが多数。

ランパスのモンスナックページには、お店と料理の紹介とともに「開放感のある入り口で、女性ひとりでも気軽に入りやすい」と書かれています。

が、正直いって女性ひとりで入るのはかなり辛いです。下手なラーメン屋よりも入りずらい空気を放っています。

入口にはドアがなく、確かに開放感はあるものの、見えない壁が女性客を拒んでいる感じがヒシヒシと伝わってきます。

実際、店内は男性客ばかり。対応している店員さんは女性なのですが、ビックリするくらい愛想がない人なので、輪をかけて居心地が悪くなっていく悪循環。

前回の訪問の時は「たまたまかな・・・」と思ったのですが、今回もそうだと疑う余地がなくなってしまった。。。

私は接客とかお店の居心地のよさでも料理の美味しい・不味いが左右されてしまうタイプなのでかなりのマイナス要素でした。

 

ランパスメニューのコロッケカレー

ランチパスポートで選べるのは、コロッケカレーと玉子カレーとビーフカレー。この中から1つ選べます。

IMG_3065

今回私が選んだのはコロッケカレー。価格は500円(通常は800円)

カレーとご飯はぬるいですが、コロッケは熱々。揚げたてのようです。

IMG_3066

スポンサードリンク

カレーの具はコロッケのほかに豚肉の角煮が入っていました。かなりパサパサだけど脂っぽさあり。

IMG_3067

モンスナックのカレーはシャバシャバしているのが有名ですよね。

ご飯の量と比べてルーの水分量が多いので、ご飯にカレーをたっぷり付けて食べないと最後はカレーだけ・・・という状態になるのでちょっと注意。

IMG_3068

卓上にあるのは緑と赤の福神漬けたち。カラフルです。

 

モンスナックの通常メニュー

ランパス以外のモンスナックのメニューはこちら。

IMG_3063

ポークカレー(650円)からカレーバターライス(800円)まで14種類。

口コミをみるとカレーバターライスが多いですが、実際注文している人みるとカツカレーが良く出ているみたいですね。

 

私の中でモンスナックの評価が良くない理由

モンスナックのカレーは不味くはないのですが、シャバシャバしてたりスパイスの香りが感じられないせいか、「食堂のカレー」というイメージ。

食堂のカレーが悪いという事ではないのですが、食堂のカレーと思っちゃうとどうしても値段が割高に感じてしまって。

その上、接客も悪く女性ひとりで入りづらい雰囲気があるので「いまいち・・・」と思ってしまうのかな。

人によっては「なつかしい!」ということで通ってる方もいるみたいですし、このあたりは相性ですね。

ただ、女性に対してはモンスナックに行くならCLOVEの方がいいよと強くおすすめしたいです。

紀伊國屋地下街にある強気なカレー屋CLOVEに行ってみた

 

モンスナック

◆モンスナック

◆住所:東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊国屋ビル B1F

◆営業時間:[月~土]11:00~21:15(L.o20:45)、[日・祝]11:00~21:00(L.o20:30)

新宿三丁目駅B8出口すぐ

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ