随園別館新宿店で人気名物水餃子付き飲茶ランチ

今回のランチは随園別館 新宿店。

ヒルナンデス!などのテレビでよく見かけるお店です。

かなり前から行きたいと思っていたのですが、やっと念願叶いました♪

随園別館は、新宿エリアだと新宿御苑前と新宿高島屋の2店舗があるのですが、

訪れたのは新宿御苑前のお店になります。

ビル上の看板には「館 別 園 随」と左書きで書かれているので

初見だと非常に分かりずらい(笑)

 

新宿通り沿いに並ぶビルの中、中華風で異色な建物が目印。

 

ランチ時はおひとり様だと相席必須

今回はランチ利用。

新宿御苑エリアの人気店ですが

訪れたのが12時より前だったおかげか

待ち時間もなくすんなり入ることができました。

 

お店は1階と2階に席があるようですが、

今回通されたのは1階席。

1階席は6人掛けのテーブル席なので、

おひとり様だと、もれなく相席になります。

 

テーブルは縦が広いので

正面に人がいてもあまり気にはならないですが、

椅子が結構つまっており横が狭いので、

混雑時はちょっと窮屈に感じるかもしれませんね^^;

 

随園別館 新宿店のランチメニュー

ランチタイムだとメニュー表が手元にこないようで、

壁にかかっているメニューを見ながら注文。

 

この日のメニューはこんな感じ。↓

特別定食の値段が1,500円という以外、

いずれのセットも800円以内とリーズナブル。

半チャーハン&半タンメンのランチバリューセットに至ってはワンコイン。

 

ランチではセットメニューのほか、単品も注文できます。

(店員さんにお願いすればメニュー表を持ってきてくれる。)

 

随園別館のランチで名物の水餃子を食べたい!

随園別館は水餃子が有名なので、

ぜひ食べたい!と思ったものの

ランチセットのうち水餃子があるのは飲茶セットのみ。

 

(◎-ω-)。o○(ランチで飲茶って、あとでお腹空きそう……)

 

と、思い、本日の定食にプラスして水餃子単品を注文しようとしたところ、

スポンサードリンク

店員さんから「待った!」の声が。

 

店員さんいわく、単品の水餃子は1人前10個と

ボリュームがあるので、定食との組み合わせは

かなりツラいだろうと。

 

店員さんの助言は無下にはできぬ……

少し悩んで、最終的に飲茶セットを注文しました。

“お腹いっぱい食べる”と”水餃子”を天秤にかけて

水餃子をとったカタチです。

 

想像以上にボリュームがあった飲茶セット

飲茶セットを注文後、

まず来たのが、えび餃子、春巻き、ごまドーナツ、えびタンメンの4品。

私、実物を見るまで、飲茶セットの内容を

きちんと把握していなかったのですが、

飲茶セットは、小龍包か水餃子のどちらかを選んで、

それに加えて

  • えびタンメン
  • えび餃子
  • はるまき
  • ごまドーナツ
  • 杏仁豆腐

上記5品がついてくる、計6品のセットメニューだったらしい。

 

えび餃子、はるまき、ごまドーナツは1個ずつですが、

えびタンメンは見た目はハーフサイズですが具がみっちり入っています。

野菜のシャキシャキ感と海老のプリプリ感があって

加えてスープがあんかけなので

食べ応え抜群でした。

小食な人だったら、上の写真だけでも充分お腹が満たせるかも。

 

えびタンメンが来てから約5分後、

お目当ての水餃子の登場です。

飲茶セットの水餃子は5個。

皮は厚めで弾力あり。モチモチです。

中の餡は肉々してますね。

つるつるプルンとした皮とジューシーな肉餡の相性は最高です。

重厚感もあって5個で充分お腹を満たせました。

 

水餃子と同時タイミングできた杏仁豆腐。

こちらは特にコレといったものはなく…普通です^^;

水餃子の後に食べたのでインパクトが薄くて…

 

飲茶なので量は少なめだろうと

タカをくくっていましたが

結果的にボリューム満点なランチとなりました。

水餃子も1個1個が大物ですね。

店員さんのアドバイス聞いておいてよかった。

 

ちなみに、随園別館では食べきれなかったら

持ち帰りもできるらしい。

ただし、渡されるのはタッパではなくビニール袋(2枚)。

……お店で食べきるのが一番ですね。

 

お店詳細

◆随園別館 新宿店

◆住所:東京都新宿区新宿2-7-4

◆営業時間:[月~木]11:00~15:00、17:00~23:00 [金・土・日・祝]11:00~23:00

◆定休日:無休

新宿三丁目C1番口から徒歩5分

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ