スマステにも登場!新宿御苑前ハンバーグウィルの絶品ランチバーグ

新宿御苑前駅から徒歩2分のところにある『ハンバーグウィル(Hamburg Will)』

スマステーションに過去2回登場しているお店です。
生放送での香取慎吾さんのリアクションが良くって、「これは美味しいのでは!」と話題になりました。

テレビ・雑誌でも幅広く紹介されており、ネットでは行列必至といわれているお店、
実際のところどうなのか?足を運んでみました。

開店のほぼ直後に入店 お店の混雑状況は?

img_9634
お店の外観。平日のランチタイムに来店しました。

ハンバーグウィルの開店時間は11:30。
今回、私が訪れたのは開店から5分後の11:35。

人が並んでいる様子はなく、待ち時間なしで席に着くことができました。
行列で待ち時間があると聞いていたので、ちょっと拍子抜けです。待たなくていいので嬉しいですが。

ただ、店内の席は8割ほどが既に埋まっている状態で。
開店前には待ち列があったことが想像できます。
私が来店した後もコンスタントに人が訪れており、人気があることがうかがえました。

ランチを食べ終えたのは12:10頃。
行列こそありませんでしたが、お店は満員。

ランチのピーク時間を考えると、この後の時間帯はもしかしたら行列ができていたかもしれませんね。
ピーク前に訪れればスムーズに入店できそうです。

どれも美味しそうなのでランチメニューの選択に悩む…

img_9639
ランチのメニュー表。

ランチメニューの基本は、ハンバーグとスープ、ライスorパンのセットです。

ハンバーグは、プレーン、粗挽きブラックペッパー、モッツァレラチーズ、軟骨、パンチェッタベーコン、フォアグラの6種類から選びます。10月~3月の冬季限定で赤ワイン煮込みも追加されます。

また、ソースもデミグラスソース、クリームマスタードソース、柚子胡椒ソースの3種類あって、選ぶのにとっても迷います。
どれも美味しそう・・・。

温泉卵は無料でトッピング可能です。卵に恨みがなければ頼むしかなかろう。

これらの基本セットにあわせて、サラダ、季節のデザート、コーヒーor紅茶をつけることができます。
セットでつけると単品よりも安くなります。

スープ、サラダ、デザートは日替わりらしく、お店の黒板にその日のメニューが書かれているので忘れずチェックです。
(私は見逃していました。)

訪れた日の内容は、
・スープ→完熟トマトとパプリカの冷製スープ
・サラダ→燻製紅茶鴨のサラダ
・デザート→ハチミツのブラマンジェ

で、今回私が頼んだのは、ハンバーグがモッツァレラチーズで、ソースがデミグラス。
温泉卵とデザートを追加しました。

豚肉のみのハンバーグは柔らかくてジューシー

img_9642
注文して、まず出てくるのはスープ。
この日は完熟トマトとパプリカの冷製スープでした。

トマトの酸味が爽やか!パプリカのほのかな甘みもちゃんとある
夏にぴったりな冷たいスープ。

スポンサードリンク

店内はカウンターが8席にテーブルが16席。
img_9640
カウンターの真ん中では実際にハンバーグを焼いている様子を見ることができます。ハンバーグは鉄板で焼き目がつくまで蒸し焼きした後オーブンの中へ。

img_9645
モッツァレラチーズのデミグラスソースのハンバーグ。温泉卵とライスつき。1,200円(税込)。

俵型のハンバーグです。珍しいかたち。
家でこのカタチで焼いた日には、中まで火が通っているか心配になってしまう位の厚みです。
(※ハンバーグウィルのハンバーグはちゃんと中まで火が通っています)

ハンバーグにつけ合わせはな特にはなく。ソースの中に豆が入っているくらい。
野菜が欲しい場合はサラダを頼むのがよいでしょう。

img_9649
ハンバーグの中にもモッツァレラチーズがたっぷり。
肉汁とともにチーズがあふれ出す様子に思わずにんまりです。

ハンバーグはすごく柔らかい。
ナイフとフォークが用意されていますが、ナイフが要らないんじゃないかと思うくらい柔らかいです。

肉汁もたっぷり出ているものの油ギッシュしておらず、あっさりしています。胃もたれの心配は無縁な感じです。
でも肉の美味しさはちゃんとあり。

ハンバーグに使用されているのは豚オンリーですが、牛を使っていないからと侮れない美味しさ。
温泉卵と絡ませるとコクが増して・・・絶品です。

img_9653
デザートのハチミツのブラマンジェ。

・・・皿の大きさ合ってなくない?

見た目の質素感に思わず戸惑いましたが、
濃厚でありながらも後をひかない上品な味でこちらも素晴らしかったです。

女性一人でも気軽に入れるハンバーグ屋さんとして生まれたお店

意図せず入ったお店だったのですが、
もともと、このお店は「女性一人でも入れるハンバーグ屋さん」を目指して作られたそうで。

実際に女性の一人客がちらほら(私もその一人)。カウンター席の7割は女性でした。

確かに店内はシックで清潔感があり、女性受けがよさそうです。

ハンバーグが豚肉100%なのは女性が食べやすいハンバーグを追求した結果らしい。

使用されている岩手県産の岩中豚は、他の豚と比較してビタミンEの量が2.4倍、獣臭や酸味が少なく、柔らかくあっさりしているのが特徴とのこと。女性が嬉しいポイントをおさえています。

ハンバーグウィルのお店情報

◆ハンバーグ ウィル(Hamburg Will)

◆住所:東京都新宿区新宿1-3-8 YKB新宿御苑ビル 1F

◆営業時間:【ランチ】11:30~14:30(L.O.14:00)、【ディナー】17:30~21:00(L.O.20:00)

◆定休日:不定休

新宿御苑前駅の2番出口から徒歩約2分です。
2番出口から地上に出て左にある横断歩道を渡り、左手に『ターリー屋』をみながら直進、次の角を左に曲がった10mほど先にあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ