良コスパな行列ができる西新宿のステーキ屋ル・モンドに行ってみた

「肉が食べたい!」

突然夜中に沸き上がる衝動。

そんな思いを抱え、勢いのままネット検索。そして見つけたのが今回ご紹介する「ル・モンド」です。

 

なぜこのお店にしたかというと、

数々のネット記事と食べログを読んで調べた結果、新宿にあるステーキ店の中で一番美味しそうだと思ったからです。

 

食べログの評価は3.53(2016年8月時点)。かなりの高評価ではないでしょうか。

お昼が待ちきれない!

行列のできるステーキ店

img_9724
お店の外観。

口コミをみたところ、ル・モンドはかなりの行列ができるらしい。

さすが人気店。

待つのは苦手なので、早めに向かいます。

 

お店が開くのは11時。

JR新宿駅に到着したのは10時45分。駅からお店までは徒歩5分。

「これじゃ、開店前に到着しちゃうよ。はりきって来たみたいで恥ずかしいなぁ~」

(※実際はりきってます)

と、なめくさった気分で向かったところ、

お店の前には既に待ち列ができてた。

 

列には7人。お店の席はカウンター10席のみなので、慌てて並びます。

11時開店。ギリギリですが、すぐに入ることができました。

 

30分後。ランチを食べ終えて外をみると行列が。ピーク前なのにすごい。

気合い入れていかないといけないお店ですね。

ランチメニューとかお店の雰囲気とか

img_9722
暑い日だからこそ肉!ですよねー。

ランチメニューのお肉は3種類。リブロース、サーロイン、ヒレ。

お肉の量は、リブとサーロインが150g、ヒレが110g。

足りない人向けに厚切りのメニューもあります。

 

2種類食べたい人には、リブロースとサーロインのセットが。

こちらはそれぞれ150g。合計で300gの肉という大ボリューム。しかも価格は2010円。コスパ凄く良いです。

 

店内はカウンターが10席。

席と席との間は狭めになっています。隣の人との距離が近い。

常に行列ができているということもあり、ゆっくりできる雰囲気はあまりなく、黙々とステーキを食べていくことに。

かといって、雰囲気が悪いというわけではなく。

白い椅子にブラウンのテーブル、ステンレスのカラトリーと清潔感あふれています。

 

スポンサードリンク

サーロインステーキ定食を注文

リブロース、サーロイン、ヒレ・・・どれを選ぶべきか・・・。

ぶっちゃけよく分かっていない自分。

 

そんな中、隣の人がサーロインを注文。

着席直後の注文、迷いがない。

つられて私もサーロインを注文しました。

img_9718
まず出されたのがサラダ。

レタスのみ。混じりけのない、堂々たるレタス。

これにはちょっとびっくり。

「これはサラダですか?」「はい、レタスです。」

そんなやりとりが頭をよぎります。

ドレッシングは酸味のあるフレンチ。レタスがシャキシャキしています。

img_9721
注文から10分後、サーロインステーキ(とライス)の登場。

価格は1060円(税込)。

新宿でお肉を食べると考えると、これはかなりの良コスパではないでしょうか。

 

つけあわせはインゲンとポテト、あとパセリ。

どれも美味しい。ポテトのホクホク感がいい。

 

ステーキのソースは醤油ベースの香ばしいソース。

お肉はミディアムレアです。外はしっかり焼けていて、中はレアでジューシ。

たまにスジを感じますが、ナイフで切りやすく柔らかいお肉です。

 

正直、飛び上るほど「美味しい!」というわけではないですが、

価格を考えると、かなり良い食事ができたと思います。

 

行列があるのがちょっとネックですが、リーズナブルにステーキを食べたいならおすすめのお店です。

ル・モンドのお店情報

◆ル・モンド 新宿店

◆住所:東京都新宿区西新宿1-16-11 1F

◆営業時間:
[月~土・祝日(土)]11:00~15:00(LO),17:00~22:00(LO)、
[祝日(月~金)]11:00~15:00(LO),17:00~21:00(LO)

◆定休日:日曜日

最寄駅はJR新宿駅。西口・南口から徒歩5分。
ヨドバシカメラマルチメディア館南館の向かいにあります。

 

リブロース、サーロイン、ヒレの違い

ここからは番外編。

 

分かっているようで分かっていなかった、牛肉の部位。

この機会にそれぞれの特徴とその違いを調べてみました。

リブロース

ロース(肩から腰にかけての背肉の部位)の真ん中のお肉です。

サーロインのお隣、逆隣は肩ロース。

もっとも厚みのある部分で、霜降りが入りやすい部位。

サシが入りやすく、旨味があり、肉のきめが細やか。

サーロイン

リブロースのお隣、肩の後ろの部位。

肉質は、脂肪が少なく、やわらかく甘みあり。

牛肉の中で唯一「サー(イギリスの貴族の称号)」を与えられた部位。名前の由来にもなっています。

ステーキ用の肉として有名で、牛肉の中では最高の肉質とも。

骨付きのままステーキにするとティーボーンステーキと呼ばれます。(骨の断面がT字型に見えるから)

ヒレ

サーロインの内側についている細長い部分。

1頭の牛から取れるお肉の3%と、ほんのわずかしかとれない高級部位です。

肉質は、きめ細かく、脂肪が少なく、柔らかい。淡白で上品な味。

焼きすぎないのがおいしく食べるコツ。

ヒレの中でもっとも柔らかい部位はシャトーブリアンと呼ばれます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ