辛さがクセになる!新宿御苑エリアけららのカレーはスパイスの調合が絶妙

新宿の夏は暑い。

気温が高いというのはもちろん、アスファルトの照りつけ、人ごみ等で体感温度が急上昇。

なるべく外を歩きたくない。。。

しかし、私には食べたいカレーがある!

そんな思いで、お昼の炎天下、カレー屋『けらら』に足を運んだのでした。

知らないと辿りつけない隠れた名店

img_9677
とはいっても、この『けらら』、新宿御苑駅から徒歩5分と駅近です。

大きな道をまっすぐ行って途中で脇道に入る…という道順なので、長く感じるというわけで。

靖国通りから細い道に入らないと分からない場所にあるので、知らない人は知らないであろうお店。

偶然辿りつくとかはなさそうな立地です。

img_9679
赤い窓枠が目印。

店内はさりげなくオシャレ。

レトロなカメラやスパイスのビンが並んでいます。

ズラッと並ぶ じゃなくてそっと数個だけ置かれているのがいいね。

席はほぼカウンター。狭めな店内ですが、すっきりとした清潔感があり静かな雰囲気で食べられます。

けららのカレーはご飯との境界線がきっぱり!

img_9680
メニュー表。

カレーの値段は700円~とリーズナブル。良心的です。

今回注文したのはダブルセット。2種類のカレーが選べます。

選んだのは、チキンカレーと、ナスとトマトのカレー。夏を意識したチョイスです。

img_9682
ダブルセットカレーの到着。サラダが付いてきます。

スポンサードリンク

カレー屋さんでカレーを2種類頼む場合、別々の入れ物で来ることが多いですが、ここのお店はライスでカレーを仕切って提供されます。

カレーとライスの境目がキッパリハッキリ!これはインパクトあります。

img_9685
ご飯がまるで堤防。

決壊してカレーが混じらないよう、慎重に食べ進めます。

 

味は、香辛料が効いたインド風カレー。

口に入れると、鼻までスパイスの香りが突き抜けるような鮮烈さがありました。

香辛料が効いているので辛いですが、優しい味。

数種類の野菜が溶け込んでおり、クセになるような味わいです。

ライスは麦飯。モちっとした噛みごたえのある食感がカレーとの相性も良いです。

ただ、具はいまいち…味がしない。

チキンカレーの鶏肉がパサつく感じが気になります。

薬味はたまねぎ?のアチャール。本格派です。クセがなくてさっぱりしていました。

img_9681
ここのトッピングはちょっと変わっていて。

卓上にあげ玉が置かれています。これがおすすめ。

サクサクとした食感とカレーが斬新!

あげ玉の油によってカレーのコクが増してさらに美味しい。

お店にきたらぜひ試してみてください。

 

ちなみにこのけらら、

img_9688

お店自体がポケモンGOのポケストップになっているという、ちょっと珍しいお店です。

けららのお店情報

◆けらら~カレー王国~

◆住所:東京都新宿区富久町16-14 シティフラット富久町 102

◆営業時間:11:30~14:45、17:00~20:45

◆定休日:日曜、祝日

最寄駅は新宿御苑前駅。2番出口より徒歩5分です。

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ