新宿歌舞伎町のすずやで名物とんかつ茶漬けにチャレンジ

“とんかつ茶漬け”という、ちょっと変わった名物料理を出すとんかつ屋さんがあると聞いて、

歌舞伎町の『すずや』に行ってみました。

 

食べログの「新宿×とんかつ」ランキングで1位(2016年9月時点)、

どんなお店なのか期待が高まります。

 

ジャズが流れる店内、ここはとんかつ屋なの、か・・・?

はじめて訪れるお店に行く場合、スマホの地図をたよりにしているのですが、お店が見当たらない・・・。

img_0372

あるはずの場所には、レンガ造り(?)のビルがあるだけで、とんかつ屋さんなんて・・・

と思ったら、

img_0370

あった!目当てのすずやは5階。

とんかつ屋さんと聞いていて、勝手に和風なお店だと思い込んでいたので気づかなかった。

お店の前でめっちゃキョロキョロしてました。なんだか恥ずかしい・・・。

ちなみに、地下1階から4階までは全てドトール。広すぎやしませんかね。

 

お店に入ると、BGMにジャズが流れるモダンな感じの店内で。

壁には絵画、天井にはシャンデリアもあって、高級感あふれすぎやしませんか。

img_0379

カウンター席は道路に面していて、窓からはヤマダ電機と大カードがみえます。

電車が行き来している様子を見るのはちょっと楽しい。

 

歌舞伎町名物のとんかつ茶漬けに初挑戦!

img_0374

メニュー表には、もちろん普通のとんかつ定食もありますが、

img_0377

今回注文するのは、”とんかつ茶漬け”。

 

こちらのメニュー、サイズとソースの味が選べます。

サイズは普通/大/小、

ソースは定番醤油味/からし醤油味/にんにく生姜醤油味の3種類から。

今回はサイズは普通、ソースはからし醤油味にします。

img_0380

10分ほど待って、鉄板をジュウジュさせながらやってきました。

ご飯、お味噌汁、お漬物がセットになっています。

この日のお味噌汁は豚汁です。中身は日替わりらしい。

ご飯、お味噌汁、キャベツ、お漬物はお替り可能。

つまり、とんかつ以外はお替り可能ということで、サイズは純粋にとんかつのサイズということか。

img_0382

横から撮った写真。キャベツがこんもりしていてボリュームあります。

お店推奨の食べ方としては、まずはトンカツ(とキャベツ)をご飯のおかずとして食べて、

締めとしてお茶づけにして食べるのがおすすめらしい。

お茶づけに使うとんかつは2~3切れが適当とのこと。

 

てっきり最初からお茶漬けの形でくるものとばかり。

うな茶漬けと同じ要領だと思えばいいのかな。

 

とんかつは、お肉自体にもしっかり味付けされているおかげか、結構濃い味。お茶漬け用だからか。

プラス、口に入れたときの香りが良かったです。ソースに入っているからしのおかげでしょうか。

ご飯も粒が立っていて、豚汁も味噌とダシがきいていてご飯が進みます。

 

お茶漬け用にトンカツを3切れほど残して、半ライスおかわり。お茶漬け用に。

ほんとご飯が進むので、ご飯の量はあらかじめセーブしないとこれはまずい。食べすぎる。

 

お茶漬けにする際には、店員さんに声をかけて、お茶をもらうようにします。

img_0387

ご飯の上にトンカツとキャベツを乗せ、お茶を入れて、とんかつ茶づけに。

お茶と一緒にソース入れも来るので、味が薄かった時はこちらを使います。

 

とんかつ自体にしっかり味はついているものの、さきの食事で濃いめの味に舌が慣れてしまっているので、

どうしても味が薄く物足りなく感じてしまう・・・。

ソースは足せるので、味は濃くできるものの・・・う~ん、ちょっと物足りない。

 

個人的にはお茶を入れないで、そのまま全部食べ進めてしまってもよかったかも^^;

でも、とんかつ茶づけを食べ終えた後は、とんかつ後とは思えないサッパリ感があります。

揚げ物系を食べた時にある胸ヤケや胃もたれの心配はなさそうではある。

 

トンカツを食べたいけれど時間差で胃もたれ来ないかが心配・・・な時に、とんかつ茶漬け、あると思います。

 

すずや お店詳細

◆すずや 新宿本店

◆住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 SUZUYAビル 5F

◆営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)

◆定休日:無休

最寄駅は新宿西口、D3出口から徒歩5分ほど。歌舞伎町一番街入り口すぐにあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

*