高架下のクリエイティブカフェ「サナギ新宿」は居心地の良いオモシロ空間だった

JR新宿駅南口の階段を降りた右手側の甲州街道高架下。

長らく工事中だったのですが、その工事もようやく終わり、先週の土曜日(12/10)、新宿観光案内所がオープン。

img_1697

ありそうでなかった新宿の観光案内所。

訪れる人の多くは外国人観光客。

公式サイトには「新宿区を訪れる人々に」と書かれていますが、建物内のみずほ銀行ATMが海外カード専用だったりで外国人観光客向けっぽい感じです。

観光案内所の裏にはコインロッカーあり。

img_1701
場所が場所なので穴場っぽい雰囲気ですね。

駅のコインロッカーが埋まっている時にはここへ行ってみるといいかもしれない。

 

で、そんな新宿観光案内所にあわせたかのように、

12月9日、「サナギ新宿」が観光案内所の向かいにオープン。

img_1707

木の門(?)が入り口かと思えば、そうではなく、

img_1708

潜ったその先にお店の入り口があります。

 

アート色が強いカフェゆえに敷居の高さを感じてしまう小心者は私です・・・

サナギ新宿は高架下の、ちょっと奥まった場所にあるカフェ。

加えて外観からアーティスティックな雰囲気を放っているので、アート色が弱い自分にはちょっと入りづらい。。。

 

常々、クリエイティブ色の強いお店には、高級店とは違う、ある種の敷居の高さを感じている私。

「アート分かんないやつは入ってくんな!」的な空気がこうヒシヒシとね(・∀・;).

や、こちらが勝手にそう思っているだけで、実際はそんなこと言われたことないですが、

飲食店に限らずアート色が強いお店に入るときはいつも、

「あ、よく分からない素人が入ってきてすみません・・・」という気持ちになってしまいます。

センスないけどセンスに憧れている人間ゆえの劣等感のせいなのかも。。。

 

サナギ新宿の注文システムは分かりやすいようで分かりにくい件

と、そんなことをウダウダ思いながら、少しだけ勇気を絞って入店。

しかし、店員さんがやってこない・・・

(・△・;).。oO(もしやこれはいじめ!?センスが良い人の元にしか店員さんはやって来ないとかなのか?!)

と軽くパニックになるものの、

どうやらサナギ新宿は、席を確保してから注文しに行く「先にお席をお取りください」カフェスタイルらしい。

いじめではなかった・・・よかった(小心者感)。

img_1723

席を確保したら、お店奥にあるレジへ行き注文。

広い店内で、どこで注文したら良いかが分からず店内をウロウロしていたところ、レジにいた店員さんから「ここです!」との声が。

「分かりにくくてすみません」と声をかけられて恐縮するものの、

でも・・・うん、初見にはお店の流れが分かりづらいかも(^-^;

注文の流れは普通のお店と同じだけど、入り口からレジが遠くて全体が見えないから分かりづらくなってるのかもしれない。

分かりやすいところに案内あると嬉しい…です。

 

お店を一周したら新宿の雰囲気が一通り味わえるかも!?

店内はかなり広々とした空間、

客席はエリアで仕切られており、エリア毎にパンチの効いたデザイン空間となっています。

見ているだけでワクワク

img_1709

お店中央はアジアの屋台村のような空間。

天井のカラフルな風船?提灯?が異国情緒漂っています。

img_1726

お店の正面左側入口近くはピンク基調のレトロ可愛い豪奢な洋風インテリア。

奥にある謎の絵がほのかにデカダンス感を漂わせているような・・・

img_1715

店内左奥は琉球畳の座敷席。

ピンクの壁とライトが妖しい雰囲気出してます。

img_1713_1

スポンサードリンク

店内手前中央はシンプルな客席。

img_1714

レースで仕切られたスペースにはこたつ席!

ここで友人と鍋をつつきたい。まったりできそうです。

 

それぞれ特色のある空間ですが、全体を通して「新宿」がコンセプトになっているらしい。

言われてみると確かにそんな感じがする・・・。

色味がきつめなところとか、ごちゃっとした感じとか仄かなアングラ臭とか・・・

「歩き回るのはイヤだけど新宿の雰囲気は味わいたい!」ならココにくれば満足できるかも?!

 

サナギ新宿のスムージーはレトロ可愛いあんちきしょう

img_1727

カフェタイムのメニューはドリンクとスイーツ、食事がちょっと。

ランチや夜は食事メニューもガッツリあります。

 

食事を注文した場合はその場で受けとりますが、

ドリンクの場合は番号札?をもらって、店内右手前にあるバーに行ってドリンクを受けとります。

img_1712

札のコメントが直球すぎる

img_1711

どことなく昭和感が漂うバー

img_1710

バーの中央にあるのはガラステーブル。

中には花とレトロな昭和グッズがところ狭しと敷き詰められてます。

ちょっと毒毒しい色合いとごちゃっとした感じにテンションが上がります。

 

img_1722

今回注文したのは、苺とベリーの杏仁スムージー。

店員さんのおすすめ。スムージーでは一番人気とのこと。

スムージーの赤×ピンク×白の色合いとかストローに苺がポップでおしゃれ。

マーブルなグラスも良い味だしてます。

 

バーのテーブルの上でもスムージーを撮ってみた。

img_1717

img_1719

・・・同化している

 

スムージーのお味は意外とさっぱり。

クラッシュした杏仁の食感が良い感じです。苺は甘さよりも酸味が効いてます。

チアシードも入っているせいか満腹感が長持ちするので結構お得感あり。

 

ただ、ちょいと残念なのが・・・

2016121205

↑メニュー。

img_1721

↑実物。

ストローに刺さっている苺がメニューの写真と実物とで結構違うこと…!

メニューの写真はイチゴが丸々1個で刺さってない?!

img_1724

ストローから取り出した時の苺が・・・切ない。

実物も十分に可愛いのですが、メニューの写真と比べちゃうとね。。

いずれにせよインスタ映えしそうなドリンクではある。

 

・・・

最初は萎縮しながら入ったサナギ新宿でしたが、

入ってしまえば意外と居心地よくってまったり過ごすことができました。

アート系のお洒落カフェではあるのですが、

中目黒や六本木のような洗練されたお洒落じゃなくて、

新宿のカオスっぽさが前面に出てるお洒落感だったおかげかもしれない。

攻めてるけど隙があるというか愛嬌があるというか。

 

今回はカフェでの利用でしたが、夜飲みとかに利用するとかなり良い雰囲気を楽しめそうです。

 

「サナギ新宿」お店詳細

◆新宿 サナギ

◆住所:東京都新宿区新宿三丁目35番6号 甲州街道 高架下

◆営業時間:11:00 ~ 23:30

◆定休日:

JR新宿駅南口から徒歩2分

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ