辛いものを食べた後の胃痛、腹痛予防や対処法 効果のある胃薬や漢方は?

夏になると無性に食べたくなるのが激辛料理、

辛い物に含まれている辛味成分には食欲を増進させる効果があるので、

バテやすく食欲がなくなりがちな夏に最適なグルメのひとつです。

 

しかし、辛いものを食べた後に胃が痛くなることも・・・。

 

辛いものは、少ない量だと胃酸の分泌を抑えて食欲を増進させる効果がある一方、

とり過ぎると、胃酸の分泌を促進し胃や食道を痛める結果になってしまうんです。

104696

一番の対処方法は”辛いものを食べない”ことですが、

そうはいっても好きなものを食べられないなんて・・・そんなの耐えられません。

 

そこで今回は、辛い物を食べて胃が痛くならないための予防の方法や、

胃痛になってしまった時の対処方法、よく効く薬の見分け方などをご紹介します。

 

辛いものを食べて胃痛にならないための予防法とは?

辛い物を食べた時に胃が痛くなる主な原因に、胃酸が出過ぎているというのがあります。

 

辛味成分であるカプサイシンは、多くとりすぎると胃酸がたくさん出てくるのですが、

胃酸は食べ物を消化する役割を果たしている反面、胃酸が出すぎると胃の粘膜を痛めることも。

そして、胃の粘膜が痛めばお腹が痛くなるという結果に。

 

このことから、胃酸から胃の粘膜を守ることが胃痛の予防につながるといえます。

 

胃の粘膜を守ってくれるのは、牛乳をはじめとした乳製品が効果的

04499c78e1b2243fde22910406d4db80_s

食べると胃の粘膜に貼りついてくれるので、胃酸の刺激から胃を守ってくれます

牛乳でお腹を下しやすい人は、ヨーグルトやチーズなどでもOKです。

 

もちろん、牛乳などの乳製品は激辛料理を食べる前だけでなく一緒に食べても効果があります

インド料理のお店ではカレーと一緒にラッシーやチャイを飲むことがありますが、

あれは辛味を抑えるほかに胃を守る効果もあるんですね。

 

辛い物を食べて胃が痛い!そんなときの対処の仕方とは?

辛い物を食べて、しばらくしたら胃が痛くなった・・・

そんな時は、まず安静に、

無理に吐きだそうとすると、食道が荒れたり胸焼けの原因となる事があるので止めておきましょう。

 

お腹が痛くなった後でも、先ほどご紹介した乳製品を摂る方法も効果的です。

また、胃の刺激となる冷たい物はやめて温かいものを飲むようにしたり、

整腸剤や胃薬を飲むのも効果的です。

127811

辛いもので腹痛になったときに効き目のある胃薬の見つけ方

胃薬といっても、種類が豊富で何を選んでいいのか悩みますよね。

 

胃酸が多く出すぎたことによる胃痛には、

・胃酸を中和することで胃痛を和らげる「制酸薬」

・胃酸の分泌のもとを抑える「H2ブロッカー」

・胃の粘膜を守ることで胃痛を和らげる「胃粘膜保護薬」

と呼ばれる種類の胃薬が効果的です。

 

その中でも辛い物を食べたときに一番適しているのは、胃の粘膜を守ってくれる「胃粘膜保護薬」です。

 

市販薬だと、スクラルファートが配合されているスクラート胃腸薬や

【第2類医薬品】スクラート胃腸薬(顆粒) 34包

新品価格
¥1,236から
(2016/9/2 23:23時点)

テプレノン配合のセルベール

【第2類医薬品】新セルベール整胃<錠> 90錠

新品価格
¥1,370から
(2016/9/2 23:25時点)

この2つが有名です。

 

この他に、上記3つの要素が入る総合胃腸薬の第一三共胃腸薬プラスも胃酸から胃の粘膜を守ってくれます。

【第2類医薬品】第一三共胃腸薬プラス細粒 52包

新品価格
¥1,863から
(2016/9/2 23:27時点)

このあたりは他の成分との兼ね合いもあるので、

不明点があったり自分にあったものを見つける際は薬剤師さんに相談するのがよいでしょう。

 

日常的に辛いものが食べたくなる派には、体質から改善できる漢方がおすすめ!

胃薬を利用すれば即効性はありますが、

日常的に辛い物を食べたい場合、その度に胃薬を飲むのはちょっと考えものです。

飲みすぎると効果が薄くなる、胃の調子が悪くなったといった口コミをみかけることがあります。

胃薬はここぞ!という時に飲む分には良いですが、常に飲むというのは避けた方が無難ですね。

 

なら、日常的に辛い物が食べたいけれど、胃痛に悩んでいる人はどうすればよいのでしょうか…?

 

その場合は、体質から改善できる漢方を利用するのがおすすめ。

漢方は、その場しのぎの対処ではなく、根本からの改善をのぞめることが多いのが特徴です。

漢方の基本的な治療は体質改善。

まずは症状を抑えて、その後に体質改善に移行するのが通常です。

つまり、将来に向けて、症状の出ない(胃痛のない)体を作っていくことができるのが漢方というわけです。

 

通常、漢方を利用したい場合は、専門家である漢方医に相談するのがベスト。

ですが、漢方薬処方が可能な外来病院というのは通常の病院と比べて数が少なく、

相談しに行くのはなかなかハードルが高いですよね。

 

そういった場合は、漢方サプリを利用して、悩みを解決しながら胃の自然治癒力を高めていくのが効果的です。

生薬製剤イツラック は胃痛に特化した漢方で、カプセル状になっているため

飲みやすく生薬が胃痛にサッと効くようにできています。

↓ ↓ ↓ ↓

胃の働きを良くする王道成分の経皮(ケイヒ)、 紀元前から重用される丁子(チョウジ)、爽やかな清涼感の茴香(ウイキョウ)

これら3つの漢方生薬由来成分が配合されています。

胃痛になった時は、やさしく胃をいたわってあげることが大切です。

体に優しい漢方生薬由来の成分は、痛みを取り除きつつ胃の健康を高めるのに適した健胃剤といえるでしょう。

 

辛い物が好きで日常的に激辛料理を食べているけど胃が心配・・・

という方はぜひチェックしてみてください

>>>ツラい胃の痛みに!【生薬製剤イツラック】

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

辛いものは体に良い食べ物ですが、食べすぎると害になってしまうもの。

激辛料理を食べた後のお腹の痛みを軽い症状と考えず、しっかり対処をするようにしましょう。

上記の対策でも胃痛が治まらないときは、別の原因なども考えられますので、無理をせずに病院にいって検査や正しい治療をしてもらうことも大切です。

適度を守って楽しい激辛ライフを送りましょう!

 

コメントを残す

*

このページの先頭へ