新宿ルミネ1にリニューアルオープン!「バンコク屋台 カオサン」に行ってきた

ルミネ1のフードデポ内にあるタイ料理店「バンコク屋台 カオサン」。

個人的には新宿エリアで一番足を運びやすいアジア系料理店だったりします。

都営地下鉄および京王線、JR線の新宿駅だと改札口からのアクセスはかなり良好。

img_1876

ルミネ1の地下2階改装のため、初夏から秋にかけてお休み中でしたが、11月にリニューアルオープン。

新しくなったカオサンにランチをしに行ってきました。

ランチタイムはなかなかの混雑ぶり

img_1877

ランチタイムど真ん中(12時半過ぎ)に訪問。席はほぼ満席かなりの混雑ぶりです。

少し並びましたが、予想よりも早く席に着くことができました。

リニューアル後の店内は壁がピンクで結構ポップ。

男性客もいるけれど女性客が大半かな。

壁側のほどんどがカウンター席なので、ひとり客の多くはそこに案内されます。

カオサンのランチメニュー

カオサンのランチメニューは11:00~16:00

img_1880

A、D、E、F、4種類のセットがあります。

Aはグリーンカレー、Dはガパオと生春巻き、Eはガパオとグリーンカレー、Fはカオマンガイがメイン。

その他に各セットにはグリーンカレーとスープ、Eセットには+でデザートがついてきます。

img_1879

スポンサードリンク

B,Cは選べるヌードルセット。こちらはランチセットではない模様。

この他に単品の注文もできます。

ランチメニューC ガパオと生春巻のセット

img_1885

注文してから5分ほどで到着したランチメニューCセット。価格は1,080円(税込)

透明なトレーに乗ってやってきます。

生春巻きが思ってたよりも慎ましやかだった(´・ω・`*)

サラダのドレッシングがピリ辛で、何気に一番辛かったかも。チリソース入りっぽいですね。

ガパオは塩気多めで辛さ控えめ。

目玉焼きは半熟です。目玉焼きが半熟なのは日本式らしい。

タイ本国のガパオの画像をみると両面焼きっぽいので黄身は中まで火が通っているのが多いのかな。(辛さ的な意味で)

パンチはあまりないですが、香りも良いですしクセの少ないガパオでした。

辛さが苦手な人には丁度よさそうですね。

img_1881

お店には紙エプロンの用意あり。

img_1886

お弁当販売もしているのでイートインだけでなくテイクアウトも可能です。

会社勤めの人も利用しやすそうですね。お値段は店内よりも若干安めです。

「バンコク屋台 カオサン」お店詳細

◆バンコク屋台カオサン

◆住所:東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿LUMINE1 B2F

◆営業時間:11:00~22:00(L.O.21:40)

◆定休日:ルミネに準ずる

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*