【上司のタイプ別】新宿で買える義理チョコにぴったりな有名チョコレートブランドまとめ

2月14日はバレンタイン!

好きな人や彼氏、友チョコなど色々ありますが、社会人になると避けて通れないのが職場への義理チョコでしょう。

日頃の感謝を込めて、あるいは今後も働きやすい職場にすべくチョコレートを贈りたい。

そんなときに使えるチョコレートブランドを上司のタイプ別にまとめてみました。

スポンサーリンク

会社の上司へ渡すなら相場内で有名ブランドチョコレートを

職場の同僚や後輩、部下などは比較的気軽に選べますが、一番気を使うは上司の場合。

安っぽいのはお礼らしさに欠けるし、豪華すぎるのは変に目立つし下手すると本命と思われかねないキケンが・・・。

上司へのチョコ事情は会社によって異なるので、職場の女性同士で相談して予算やだいたいの内容を決めておくのが一番ですが、

一般的には、予算は~1,000円で有名ブランドのチョコレートを贈るのがベターとされています。

職場のルールが特にない時にはこちらを参考に。

b7b59809c3b659d21448eb423daa9b03_s

この記事では、新宿のデパートなどで購入できる有名チョコレートブランドをまとめてました。

ただ、一口にチョコレートブランドといっても、新宿エリアだけでも相当数あるので、どれにすべきか悩むところだと思います。

そこで、私の独断と偏見で、上司のタイプ別で最適だと思うチョコレートブランドをご紹介していきます。

上司へのチョコ選びの参考にしてみてください。

 

妻子持ちの家庭がある上司の場合

奥さんとお子さんがいる上司の場合、ゴンチャロフモロゾフメリーチョコレートなどが良いですね。

いずれも日本発祥の高級チョコレートの老舗であり、チョコレートに詳しくない人でも名前は聞いたこともある、知名度が高いブランド。

特にゴンチャロフは神戸で誕生したチョコの老舗ということもあり、関西のお土産の定番としても利用する人が多いですね。

なぜ、この2つのブランドを妻子持ちの上司向けにおすすめするかというと、

チョコレートブランドとしては、比較的手ごろな値段で一粒チョコが多めなものを買えるというところ。

数がそれなりにあるとご家族と一緒に食べてもらうこともできます。

ゴンチャロフだと一粒チョコ8個入りで540円。

モロゾフは9個入りで864円。

メリーチョコレートだと、12個で540円、

6個入りだと380円の詰め合わせもあります。

名のあるブランドだけど値段おさえめなところがお財布事情的にも有難いです。

また、これらブランドは、パッと見でブランドチョコだと分かるので、

「良い物贈ってくれた」感が伝わりやすいのが良いですね。

ちなみに、中学生~高校生の娘さんがいる上司の場合は、

女の子受け良さそうなゴディバやロイズ、レオニダスあたりも候補に入れてるのもありかなと思います。

 

結論:ご家族のことも考慮に入れて一般知名度が高めでパッと見て良い物と分かるチョコを選ぶ。

ゴンチャロフが買える新宿のデパート

高島屋

モロゾフが買える新宿のデパート

小田急百貨店、京王百貨店、伊勢丹、高島屋、西武新宿PePe

メリーチョコレートが買える新宿のデパート

京王百貨店、伊勢丹、高島屋

ゴディバが買える新宿のデパート

小田急百貨店、伊勢丹

(※ロイズやレオニダスは新宿に店舗はないですが、デパートのバレンタイン催事でよく登場するので候補に挙げました)

 

独身貴族な上司の場合

仕事や趣味で婚期を逃した(か、どうかは分かりませんが)、独身貴族な上司の場合は、

ラ・メゾン・デュ・ショコラセバスチャン・ブイエデメルベルアメールなどのハイブランド感漂う外国ブランドを贈ると喜ばれる傾向にあります。

上司の年齢にもよりますが、独身貴族上司は美味しい物やブランド物に関しての知識が豊富ですし、

そういう情報を求めているタイプが多いので、話題性があって流行りもののブランドだと尚良しですね。

出典:http://www.bouillet.jp/html/index.htm
出典:http://www.bouillet.jp/html/index.htm

ラ・メゾン・デュ・ショコラは上品な味で甘さおさえめなところ、

デメルはオレンジピールのチョコレートが大人な味覚の男性に好評です。

 

スポンサーリンク

これらのブランドは、妻子持ち上司のところで挙げたブランドよりも値段設定が高めで、

予算ギリギリでもチョコが2~3粒程と量が少なくなりますが、

このタイプの上司は量より質を好むので問題ないでしょう。

 

結論:話題性のあるハイブランドチョコを選ぶとよい

ラ・メゾン・デュ・ショコラが買える新宿のデパート

小田急百貨店、ニュウマン

セバスチャン・ブイエが買える新宿のデパート

伊勢丹

デメルが買える新宿のデパート

伊勢丹、高島屋

ベルアメールが買える新宿のデパート

伊勢丹

 

健康志向な上司の場合

チョコレートって、最近だと健康効果アリと色々言われてきてますが、

まだまだ「カロリーが高い」「太りやすい」「砂糖の塊」など健康に悪いイメージがあると思います。

いつも健康を気にしている上司の場合、チョコを贈っていいのかためらってしまいます。

そんな時は、チョコ以外を贈るのもありですが、カカオ成分高いタブレットチョコを贈るのはどうでしょうか。

出典:http://www.jeanpaulhevin-japon.shop/SHOP/137742/list.html
出典:http://www.jeanpaulhevin-japon.shop/SHOP/137742/list.html

ジャン=ポール・エヴァンアンリ・ルルーならカカオ成分75%以上のタブレットチョコレートが予算内で購入できます。

いずれのブランドもフランスの権威ある賞や高評価を得ているので、味の保証もバッチリ。

高カカオチョコレートは、抗酸化物質といわれているポリフェノールのほか、

カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分や食物繊維なども含まれているので

「健康によい聞きますから」と渡せば興味のある上司なら喜ぶと思います。

 

結論:カカオ成分が高ければ高いほど良い(かも)

ジャン=ポール・エヴァンが買える新宿のデパート

伊勢丹

アンリ・ルルーが買える新宿のデパート

伊勢丹

 

上記以外 or よく分からない上司の場合

上記3つのタイプに当てはまらない、もしくはどのタイプか分からない上司の場合は、

ブランドチョコの定番中の定番ともいえるゴディバを贈れば失敗はないと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴディバ (GODIVA) ラッピング トリュフ ミルク 5粒
価格:756円(税込、送料別) (2017/1/13時点)

定番過ぎて、味や価格など色々と評価が分かれるゴディバですが、

それでも王道ともいえるチョコレートブランドなので、

贈られて嫌な気持ちになる人はいないはず(ゴディバに嫌な思い出があるなら別ですが…)。

上司への義理チョコとして、相手を尊重している感は上手く出せるのではないでしょうか。

 

結論:チョコレートブランド内の定番ともいえるゴディバを贈ればハズレはない

ゴディバが買える新宿のデパート

小田急百貨店、伊勢丹

 

まとめ

妻子持ち、独身貴族、健康志向、それ以外と4つのタイプ別に、

上司に合う、新宿で購入可能なチョコレートブランドをご紹介していきました。

職場への義理チョコは正直面倒なところがありますが、

今後の職場環境をスムーズにするためにも一手間かけてみるのも楽しいかなと思います。

会社帰りや今度のお休みに新宿のデパートでチョコレートブランド巡りをしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*