ジョエル・ロブションのパン専門店 新宿ニュウマン「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」でランチ

前から行きたいと思っていた「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」に行ってきました。フレンチの有名店であるジョエル・ロブションのパンを味わえるお店です。パンとしてはお値段高めですが味は抜群でした。

この記事のポイント
  • お店はニュウマンの1階
  • 営業時間は8:00~22:00
  • 高級感とムードがある店内
  • イートインスペースあり
  • 創作パンの種類が豊富
  • 大きさ控えめだけど食べ応えはしっかりしている
スポンサーリンク

「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」の行き方

新宿駅新南口直結の商業施設ニュウマンの1階にあります。

ニュウマン1階は高架下になるので、駅から歩いていくなら2階から建物に入って1階に降りるのが分かりやすいですね。

ただ、ニュウマンは階ごとにエスカレーターが分断されている上に中2階もあるので1階降りたら歩く・・・を繰り返さないといけないのがちょっと面倒くさいです;

お店の雰囲気や商品など

ブルーボトルコーヒーの隣にある赤のインテリアが印象的なお店が「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」です。

通路を挟んでベーカリーとカフェに分かれています。

高級そうな雰囲気はあるものの、商品の配置などは普通のパン屋さんとほぼ同じで。オープンスペースなのでふらりと入ることもできます。

 

四角いパン(ショコラ フランボワーズ)に真っ赤なハートのデコレーションで可愛いです!

パンのお値段は、クリームパンが324円、キッシュが540円とかなりいい値段。場所柄とお店のブランドを考えると納得なんですが、パン屋さんと考えると割高に感じてしまいますね。

お店の人気商品たち。

この時の人気順は、1位クロワッサン、2位クリームパン、3位カレーパン。シンプルで王道っぽいパンが人気なんですね。サンドイッチとか読むのが難しいカタカナのパンとかをイメージしていたので意外でした。

ベーカリーで買ったパンをカフェで食べることもできます。カフェを利用する際は先に場所をとっておくようにと案内されているのですが、席取りの札とかはないんですよね・・・。店員さんが席を確保してくれるわけでもないし。これはちょっと不便でした。

「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」のカフェでランチ

今回はランチタイム訪問です。

「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」ではランチメニューなどはないので、ベーカリーでパンを購入して、カフェで飲み物などを注文します。

ランチに選んだパンは、

鶏のクリーム煮キッシュ(540円)
アップルパイ クロワッサン(399円)

どちらも冬の限定商品の人気メニューです。食事系とデザート系をそれぞれ選んでいます。

カフェではパン購入者限定でクラムチャウダーorタマネギのスープのスープセットが400円で注文できます。(単品だと450円)カフェでもサンドイッチなどのパンの注文はできますが、ベーカリーの方が圧倒的に種類が多いですね。

カフェのメニューはこちら↓

シャンパンにワイン、ビールもあるだと・・・!?

シャンパンを飲むなら、「天使エビとアボカドのタルティーヌ」を一緒に注文すると100円OFFになります。

鶏のクリーム煮キッシュ(540円)
アップルパイ クロワッサン(399円)
クラムチャウダー(400円)
アールグレイ(380円)

合計1,719円
・・・色々頼んでいたらうっかり高くなった。

いや、ジョエル・ロブションの味を楽しむと考えたら決して高くはないんですけどね、本家だともっともっとお値段するから。

しかし、これは油断した。1個1個の値段がそれほど高くないからね。・・・うん、仕方がない。

スポンサーリンク

 

鶏のクリーム煮キッシュ

焼き色が綺麗なキツネ色。表面からでも具材がゴロゴロ入っているの分かりますね。

カフェ内ではプラスチック製のナイフとフォークが用意されているので、それを使って切ってゆきます。

キレイに切ろうとしたけれど、大きな鶏肉が邪魔をする・・・!

キッシュにあるまじき具の大きさ。食べ応えバッチリです。

鶏肉を取り除いた一枚。鶏肉以外の具もたっぷり詰まっています。

もう半分に切ろうとしたら、別の鶏肉が・・・まだあったんかい!

繊維に垂直でプラスチック製のナイフだとうまく切れなかったですが、口の中に入れるとホロリとほどける鶏肉でした。

アップルパイ クロワッサン

大ぶりのクロワッサンにスライスした林檎の赤が印象的なオシャレ感たっぷりなパンです。上にかかっているサクサクした粒々(名前忘れた・・・)も素敵です。

アップルパイ クロワッサンの断面。こちらは綺麗に切ることができました!

何層にも重なるクロワッサン生地の中にカスタードクリームと薄くスライスした林檎の甘露煮がサンドされています。

サクッフワッとした食感がたまらない!アップルパイとはまた違った食感ですね。しっとり感もプラスされているので上品さが増した感じ。トロリとしたカスタードクリームは口の中でふんわりスルッと溶けるのでくどくない。林檎は薄くスライスされていますが、食感を残したままなのでシャキッとしてて存在感ありありです。上品な甘さと幾重にも重なる食感が楽しめます。

クラムチャウダー

ジョエル・ロブションの名がつくだけあって、スープもひと味もふた味も違いますね。

クラムチャウダーはドロッとしていて濃厚な味わい。しっかり煮込んで作られているなって味がしました(抽象的でごめん)。量は少なくてもしっかり食べた感じがするスープです。

クルトンが普通のランチスープの5倍くらい大きかったです。

ここまで大きいと、中はカリッと外はスープがしみてジュワっと一口で二重の味が楽しめるのが良いですね。

アールグレイ

お湯とティーパックを入れて作るタイプのものでしたが、良い茶葉で作られているので香りが良かったです。(場所が場所なのでプラセボ効果かもしれませんが^^;)

ティーの色も綺麗な琥珀色でした。

まとめ

ジョエル・ロブションのパンだけあって、手の込んだ感じのする上品なパンとスープでした。パン1つ1つの大きさは小ぶりですが、中が詰まっているし味が良いので満足感はしっかりあります。

ニュウマンはエキナカ、エキソトどちらも美味しいパン屋さんが揃っているので食べ比べしてみるのも面白いと思いますよ。

 

「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」店舗情報

◆店名:ル パン ドゥ ジョエル・ロブション ニュウマン新宿店(LE PAIN de Joel Robuchon)
このお店を食べログで確認する
このお店をぐるなびで確認する

◆ジャンル:パン

◆最寄り駅:JR新宿駅

◆住所:東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan SHINJUKU 1F

◆TEL:03-5361-6950

◆営業時間:8:00~22:00

◆定休日:不定休

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。