新宿京王百貨店で一風変わったイベント”ご当地あげもの選手権”が開催中 おすすめの揚げ物はどれだ?

新宿の京王百貨店では本日(10/13)より『ご当地あげもの選手権 ~地方の美味を食べ尽くせ~』が開催されるとのこと。

ご当地ビールやご当地ラーメンなんかは良く聞くけれど、”ご当地揚げ物”は初めて聞きました。

どんなグルメが登場するのか、詳細をチェックしようと思います。

 

ご当地あげもの選手権 開催詳細

◆開催場所:京王百貨店 新宿店 地下1階・中地階エキサイティングスポット

◆開催期間:2016年10月13日(木)~19日(水)

◆開催時間:午前10時~午後8時30分(日・祝は午後8時まで)

 

ご当地あげもの選手権の注目揚げ物は?

当イベントには10府県のご当地揚げ物が登場します。

その中でも百貨店いちおしなのは、

神奈川県『キモズハワイ』の”マサラダ”と、長崎県『レストラン蜂の家』の”カレーパン”のもよう。

マサラダとは、ハワイのローカルスイーツとして愛されているドーナツ、

外側揚げたてのサクッ、中はふわふわモチモチとした食感が魅力。

 

レストラン蜂の家は、佐世保市に本店を構える洋食のお店。

ここの看板商品はカレーで、カレー通の間では佐世保市のご当地グルメは佐世保バーガーではなく蜂の家のカレーらしいです。

そんなアメ色タマネギを含むスパイシーなカレーをもちっとしたドーナツ生地に包んだカレーパンは、食べ始めは甘く、食べ進めると辛く感じる不思議な味。

ツイッターなどの評判を見るかぎり、いずれも好評のようですね。

マラサダは1個220円~、カレーパンは1個216円なので、おやつに1個買っていくのによさそうです。

 

ちょっと気になる変わり種揚げ物

京王百貨店のサイトをチェックしていて、個人的に気になった揚げ物グルメが2つ。

スポンサードリンク

1つは、三重県『やまと茶屋』の”マグロの唐揚げ”、もう1つが岡山県『弘道』の”手造りにぎり天ぷら”です。

いずれも他で見かけないような揚げ物です。

マグロというと刺身もしくはマグロステーキが多いので、から揚げとは意外なメニューです。

(高いということもあってか、刺身以外のマグロ料理は何だか”もったいない”と感じてしまう^^;)

マグロの唐揚げは、漬けにしたマグロを竜田揚げのように揚げて作られるとのこと。

がっつりマグロにも味を染み込ませているので、噛むと旨みが溢れ出てきそうですね。

ご飯との相性もかなり良さそうです。

 

“にぎり天ぷら”とは、たねを手で握って棒状にした天ぷらのことを指すそうです。

練り製品を天ぷらにしたもの…といった方がよいのかな。

(最初に聞いた時は、おにぎりを揚げた物かと思いました;)

たねは、昔ながらの石臼を用いて職人さんが作っており、バリエーションも枝豆、青ネギしょうが、えび、かに、野菜、チーズベーコンなど色々あるとのこと。

石臼で作られているすり身は旨味と歯ごたえ良さそうですね。

 

まとめ

上記で紹介した揚げ物の他に、当イベントでは以下のラインナップが揃っています。

福島県『串鶴』の”串カツ”

新潟県『佐藤豆腐店』の”栃尾あぶらげ”

千葉県『ひとり屋』の”アオリイカ下足”

大阪府『徳川』の”手羽揚げスパイシー”

大分県『ジョニーのからあげ』の”骨付からあげ”

沖縄県『ショップ沖縄』の”さーたーあんだぎー”

お酒のおつまみやご飯のおともになりそうな物からスイーツまで幅広く網羅されていますね。

新宿に行くときにちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ