新宿歌舞伎町入口近くのステーキハウス「HAYASHIYA」でランチ

歌舞伎町近くにて、急に肉が食べたくなり、近くにあったステーキハウス「HAYASHIYA」へ。

場所は歌舞伎町の入り口近くの路地裏に入ってすぐ。

隣にアレなお店があるのが歌舞伎町らしいというかなんというか(笑)

 

おひとり様でも入りやすいステーキハウス

お店は1階と2階にあり、1階の席はカウンター席のみ。

1人客も結構いて、躊躇なく入れるので、おひとり様利用の私には重宝しています。

おひとり様でも本格的なステーキが食べられるのは嬉しいところ。

訪れた時はランチタイムで、1階席には2人連れが1組と男性おひとり様が先客でいました。食べている時にもう一人訪れていました。

お店の雰囲気など

カウンター前でお肉を焼いてくれますが、煙が少なめで服へのニオイをあまり気にせず食事ができます。

ステーキハウスでランチすると服へのにおい移りが気になりますが、ここだとあまり気になりません。

 

ステーキハウスHAYASHIYAのランチメニュー

ランチメニューのメインは、テンダーステーキとプレートメニュー、それに丼の3種類です。

テンダーステーキは「サガリ」といわれる部位のステーキで、低脂質かつ柔らかい肉質が特徴。

ライスとコーヒー付きで値段はすべて1,000円。

プラス650円するとステーキがもう1枚増えます。

プレートを注文すると、ライス、サラダ、飲み物がついてきます。

丼(ボウル)はロコモコ、ヘルシーステーキ丼、肉丼の3つ。

 

ステーキハウスハヤシヤのランチプレート

スポンサードリンク

今回いただいたのは、ランチプレート。価格は1,180円(税込)

サーロインステーキ、ライス、サラダ、マッシュポテト、アボガドがワンプレートに乗ってます。

マッシュポテトはなめらかで、ポテトによくある具がゴロゴロ感はなく固めのクリームみたい。

 

ステーキは脂身が少なく肉質が柔らかいです。

お肉は切ってあるので、ナイフで切らなくてもOK。

料理と一緒にフォーク、ナイフ、箸が出てきますが、箸のみで食べることもできるのとても食べやすい。

ステーキ自体に味がしっかりついていて、ご飯がすごく進みます。

 

ステーキは基本はソースなし。

ソースが欲しい時はスタッフさんに声をかければ、オニオンソース、ガーーリックソース、デミグラスソース、わさび醤油、大根おろしポン酢から選ぶこともできます。

でも、肉の味を噛みしめたいならソースなしが一番。

 

ステーキハウスHAYASHIYAで4周年記念祭が開催中!

今年で4周年になるHAYASHIYAでは、8月23日(木)より記念祭が開催中です(9月10日(木)まで)。

詳細は次のとおり

4周年記念祭の詳細

  • 第1弾
    8月23日(木)~29日(水)の終日
    八千代黒毛和牛のミスジステーキ
    産地直送の八千代牛黒毛和牛の希少部位ミスジのステーキ。
  • 第2弾
    8月30日(金)~9月3日(月)のランチタイム
    ローストビーフグリル150g(サラダ・ライス・コーヒー付き) 通常価格3,200円→1,000円
    1日限定20食
  • 第3弾
    9月6日(木)~9月10日(月)の終日
    アルコールALL半額

 

この機会にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

「ステーキハウスHAYASHIYA」お店詳細

◆HAYASHIYA (ハヤシヤ) 

◆住所:東京都新宿区新宿3-21-5

◆営業時間:11:00~22:30(L.O 22:00)

◆定休日:毎週水曜日

JR新宿駅東口より徒歩2分

スポンサードリンク

コメントを残す

*