新宿高島屋の大北海道展で「麺屋 高橋」のつけめん正油味を食べてきた

11月3日(木・祝)より、新宿タカシマヤで開催中の「大北海道展」

img_1071

平日の午前中にもかかわらず、結構な人で賑わっていました。

 

諸事情であまり時間がなかったので、

会場を軽く1周した後、大北海道展の目玉のひとつである「麺屋 高橋」へ。

img_1074

時間は11時頃、すでに行列です。

進みが速かったので、そのまま待ってお店の中へ入ることに。

 

img_1073

メニューは、つけめん正油味(大・中)と辛つけめん正油味(大・中)。

中サイズが普通盛り、大サイズが大盛りといったところでしょうか。

 

「麺屋 高橋」は札幌市にあるラーメン屋で現地でも行列ができるほどらしい。

大北海道展での出店は初で、催事で新宿で食べられるのは貴重からもしれない。

 

当展では、店長が来て調理しているとのことですが、

スポンサードリンク

調理場は仕切られているので様子を見ることはできませんでした。

 

img_1075

注文したのは、つけめん正油味の中サイズ。

メニューの写真と比べてつけ汁の具がないように見えますが、

中に沈んでいるだけで、ちゃんと入っています。

具はチャーシューと極太メンマ。

 

札幌というと“札幌ラーメン”のイメージがありますが、

このお店のスープは濃厚魚介スープ。

煮干しの香りが強烈です。

豚骨ベースなだけあってどっしりしたスープで、

ドロリとしているので、麺によく絡みます。

 

麺は平らな太麺。

当物産展向けに北海道産の小麦を使用しているらしいですが、

通常メニューのつけ麺を食べたことがないので、そのあたりの違いは分からず。

ただ、小麦の味のする密度の高い麺だったと思います。

歯応えありで、噛みごたえがある麺です。

 

麺を食べ終わった後は、テーブルにあるポットでスープ割ができるようになっているので、

最後までスープを楽しむことができます。完飲です。

 

行列必至のラーメンですが、並ぶ価値はあったと思います。

 

「大北海道展」開催詳細

◆《新宿高島屋開店20周年記念》第20回 大北海道展

◆開催場所:高島屋 新宿店 11階=催物場

◆開催期間:2016年11月3日(木・祝)~8日(火)

◆開催時間:午前10時~午後8時
※ただし11月4日(金)・5日(土)は午後8時30分まで、最終日は午後6時閉場。
※イートインは各日午前10時30分オープン、ラストオーダーは閉場の30分前、最終日は午後5時ラストオーダー。

スポンサードリンク

コメントを残す

*